周年祭

犬・猫との冬の過ごし方

ワンランク上の冬の過ごし方冬は一年の中で最も寒い季節です。私たち人間と同じように、ワンちゃん、ネコちゃんも寒いのは苦手です。寒さに強いと言われる犬種でも、温度が調整された室内で飼うことで気温の変化を感じにくくなってしまい、寒さに弱くなることもあります。
寒がっているしぐさから、室内・屋外での過ごし方、お手入れ、食事、散歩など様々なシチュエーションごとに冬に関する対策をご紹介します。間違いの少ない寒さ対策で、飼い主様とワンちゃん・ネコちゃんが快適に過ごせるワンランク上の冬を満喫しましょう!

寒さを感じている時のサイン

温まっている犬猫 ワンちゃん、ネコちゃんが寒いと感じる時は、仕草や行動などで分かります。
ワンちゃんの場合、ブルブルと体の震えが止まらなかったり、体を小さく縮めたりしてサインを出します。また、日々の行動でも、散歩に行くのを嫌がったり、飲水の減りが遅かったりする時は同様に寒さを感じています。
ネコちゃんの場合、猫のいる場所が一番快適とも言われる通り、自分で適温の場所を求めて動き回る習性があります。そのため、お気に入りの場所にいなかったり、動き回る頻度が多かったりする時が寒さを感じているサインです。

室内の過ごし方

こたつなど暖房器具と一緒にいる犬猫室内でワンちゃん、ネコちゃんと過ごす場合、お部屋の温度・湿度に気を付けましょう。ワンちゃん、ネコちゃんにとって快適な温度や湿度は、種類や大きさによって様々ですが、冬場は、温度は23度、湿度は50~60%を目安に室温管理するとよいです。部屋を暖める時の暖房器具は次の点に注意して使用してください。

  • エアコン
  • エアコンが天井付近に設置されている家庭では、暖房時は暖かい空気が上にたまるため、天井と床に温度差ができて、私たちより低い位置で生活するワンちゃん、ネコちゃんは十分に温まらないことがあります。サーキュレーターや扇風機を上に向けて部屋全体を暖めるようにしましょう。また、風でホコリが舞ったり、乾燥しやすくなったりするので、加湿器を併用して湿度にも気を付けて使用してください。
  • ストーブ・オイルヒーター
  • ワンちゃん、ネコちゃんは体が被毛に覆われているため、熱が皮膚に届きにくく、ストーブやオイルヒーターに近づくことがよくあります。近づきすぎると低温やけどや被毛が焦げてしまう心配があるのでストーブガードを利用して一定の距離は保つようにしてください。定期的に換気して空気の入れ替えを行い、石油ストーブの場合は燃料(灯油)の管理にも気を付けてください。
  • ホットカーペット・床暖房
  • 暖められたカーペットや床の上に居つづけると熱中症や低温やけどになる恐れがあります。ホットカーペットの場合、部屋全体に広げず体が熱くなった時に冷やす場所を確保してください。床暖房の場合、設定温度を低めにしてください。
  • こたつ
  • こたつに入って長時間中にいると熱中症や脱水を引き起こす原因になりかねません。こたつ布団の上で暖をとるようにするか、中に入ってしまう場合は一方をあけるかスイッチを切って暖めすぎないようにしてください。

屋外飼育や留守番の過ごし方

外で飼っている時や留守番する時は、室内と同じ暖房器具を使うことはできないと思います。湯たんぽや毛布、冬用のベッドなど、電気や燃料を使わないエコであったかな商品を使用して寒さ対策をしてください。また、屋外で飼っている場合でもあまりにも寒い日は玄関など室内に入れてあげてください。

お手入れについて

冬のシャンプーやブラッシングは、被毛の絡まりや毛玉をとって本来の毛の持つ保温効果を高めたり、体の血行促進や皮膚の代謝を促したりすることができます。シャンプーは月に一回、ブラッシングは体の一部ずつでもよいので毎日を目安にお手入れをしましょう。

冬の食事について

冬になり気温が低下してくると体力を保つためにエネルギーを多く必要とします。室内飼いの場合は気温差の影響はあまりありませんので季節に合わせて食事内容を変更する必要はないと思いますが、屋外で飼っている場合、高カロリーのフードに切り替えるとよいです。

室内飼いの場合、食事内容にあまり気を付けなくてもよい一方、暖かい部屋で動かなくなってしまうと運動消費が落ちて体重が増加することがあります。体重管理に十分注意しましょう。

また、食事以外にもこまめな水分補給を心掛けましょう。動かなくなり水を飲む回数が減るとオシッコの回数も減り、泌尿器系の病気にかかる恐れがあります。生活する場所の近くに水飲み場を作っていつでも新鮮な水を飲めるようにしてあげてください。ワンちゃんの場合、毎日の散歩に出かける、ネコちゃんの場合、おもちゃで遊ばせるなど、運動して水を飲む機会を作ってあげることも大切です。

散歩について

冬の寒い季節でもワンちゃんの散歩は大切です。健康や体調の維持のため、日光を浴びて適度な運度をすることが重要になりますので、降雪や雨など悪天候の日を除いてなるべく散歩に出かけるようにしてあげてください。

散歩に出かける前
冬の散歩に行きたがらない寒がりのワンちゃんには、冬用のドッグウェアを着用して散歩に出かけるとよいです。

また、室内飼いのワンちゃんの場合、暖かい部屋から急に寒い外に出ると散歩に行きたがらない場合があります。散歩に出かける前は部屋の外や玄関に移動して外の温度に慣れさせましょう。

散歩が終わった後
散歩から帰った後は、雪などで足が濡れていることがあるので、しもやけや皮膚病にならないよう、渇いたタオルやドライヤーで指の間までしっかりと乾かして水気を取ってあげてください。

冬の寒い季節は、ワンちゃん、ネコちゃんが寒がらないような気遣いが大切です。ご紹介した対策で部屋を暖め、人が適温と思っていても、ワンちゃん、ネコちゃんにとっては暑すぎることもありますので、仕草や行動もよく見てあげてください。また、このページで紹介したこと以外でも、ワンちゃん、ネコちゃんとの冬の生活で何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合せ