本店限定6980円以上で送料無料

【年末年始の営業について】12/28(木)~1/4(木)はお休みとさせていただきます。詳細についてはこちらをご確認ください。

ポイントアップ

愛犬・愛猫とのお出かけをお考えの飼い主様へ

旅行する犬や猫お車での旅行やお出かけなどでワンちゃん、ネコちゃんと一緒に外出したいとお考えの飼い主様は多いと思います。旅先の楽しいことをワンちゃん、ネコちゃんとも共有したい!そんな飼い主様のために、旅先でのマナー、車での移動などについてご紹介します。

お出かけについて

調査中の飼い主、動物病院にいる飼い主と犬猫ワンちゃん、ネコちゃんと一緒にお出かけする場合、まず念頭に置いていただいたいことは、「外出先でも自宅と同様に世話ができること」です。お出かけの前に、目的地の施設はペットを同伴しても大丈夫か、また、旅先で体調を崩してしまった場合に備え、現地の動物病院の場所は必ず確認するようにしてください。かかりつけの獣医師がいる場合、お出かけしても大丈夫かを相談するとよいと思います。

施設内での同伴について

施設のルールを守り、どのような状況でも常にペットを監視・コントロールできる状態で行動を共にしてください。また、飲食店では椅子や食器などペットと人間の備品を分けているところがほとんどだと思いますので、人間用の備品をワンちゃん、ネコちゃんに使わせないようにしてください。施設内では、ペットを同伴する人、そうでない人が共に快適に過ごせるよう、常に注意して行動してください。

施設内での同伴の際、持参するとよいアイテムをご紹介します。

  • リード、キャリー
  • リード、キャリー
  • 常に飼い主様の監視下で行動するようリードは必ず付けてください。また、施設によってはキャリーに入れた場合、同伴できるところもありますので持参しておくとよいです。
  • リード 商品一覧
    キャリー 商品一覧
  • コロコロなどの掃除道具
  • コロコロなどの掃除道具
  • 布のソファやベッドなどに抜け毛が付いた場合など、後から使う人のことを考え、コロコロを使って綺麗にしてあげてください。
  • コロコロ 商品一覧
  • ウンチ処理袋
  • ウンチ処理袋
  • 万が一、トイレの粗相をしてしまったことを考慮し、タオルやウンチ処理袋は必ず持参してください。
  • ウンチ処理袋 商品一覧

車での移動について

ドライブなど車に同乗することが目的のお出かけをはじめ、移動手段はほとんどの場合、車になると思います。長時間の車の移動になると、人と同じで車酔いを起こす場合もあります。ワンちゃん、ネコちゃんを車に同乗する場合、安全運転を心がけ、次のことに注意してあげてください。

  • 食事はお出かけの1~2時間前に摂る。
  • 満腹の状態ですぐ車に乗ると、嘔吐の原因になりかねません。余裕をもって、お出かけの1~2時間前に食事を済ませておきましょう。

  • 車内が高温にならないよう、窓を開けるなどして温度を調整する。
  • 車内の気温が高くなるとのぼせやすくなるため、のぼせが起きて車酔いになることがあります。こうなる前に、車内は常に快適な温度になるよう注意してください。

  • 進行方向を向いて座らせる。
  • 車内で放し飼いにされている方も多いですが、きちんと進行方向を向いて座らせることで車酔いの頻度も起きにくくなります。また、ちょっとした揺れでバランスを崩して足を怪我することもあるため、シートベルトに固定できるタイプのキャリーに入れておくとよいです。
  • お出かけ用キャリー 商品一覧

  • こまめな休憩と水分補給
  • 気分転換になりますので、ドライブインなどでこまめな休憩を取り、外の空気を吸わせてあげてください。ドッグランなどが併設されている施設の場合、少しの時間でも遊ばせてあげてください。また、体が乾燥しないよう、こまめな水分補給も忘れないようにしてください。
  • お出かけ用給水器 商品一覧

留守番について

留守番中の犬や猫ここまで、ワンちゃん、ネコちゃんと一緒にお出かけをお考えの飼い主様に様々なことをご紹介させていただきましたが、場合によっては留守番でもよいとお考えの飼い主様には、次のことを参考にしてみてください。

留守番の目安

お留守番をさせる場合、具体的にどれくらいの期間なら大丈夫か気になるところだと思います。ワンちゃん、ネコちゃんが十分な食事と水分補給、さらに、清潔な場所でトイレができる環境さえ整っていれば、その期間は留守番しても大丈夫です。

目安として、日帰りや一泊までの旅行や外出の際は留守番させ、それ以上になる場合はペットホテルなどの施設に預けていただくと良いと思います。

留守番での役立ちアイテム

お留守番の際は、食事や飲水に注意してください。留守番する期間の分のペットフードや飲み水をそのまま置いておくと、一度に全部食べたり、飲んだりしてしまったり、時間の経過で傷んだりしてしまうことがあります。そのようなことがないよう、次のような自動給餌器や循環型の給水器を利用するとよいです。


また、トイレは、留守番中は飼い主様が手入れすることができないため、こまめに取り替えるトイレシートや猫砂の利用は避け、次のような通常よりも長く使用できるタイプのものを利用するとよいです。


お問い合せ ワンちゃん、ネコちゃんと生活する上で、外出時の対応は連れて行くべきか、留守番させるべきかなど、大きな疑問の一つだと思います。今回ご紹介した内容が、その疑問を解決するためのお役に立てれば幸いです。また、このページで紹介したこと以外でご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

送料無料