本店限定6980円以上で送料無料

【年末年始の営業について】12/28(木)~1/4(木)はお休みとさせていただきます。詳細についてはこちらをご確認ください。

ポイントアップ

犬・猫のダイエット・肥満予防で参考にしたいこと

犬・猫のダイエット

ワンちゃん、ネコちゃんの健康のため、食事・カロリーに気を付けている飼い主様は多いと思います。毎日の食事やおやつは飼い主様が与えるものなので、ダイエットなどの体重のコントロールは飼い主様に成否がかかっていると言っても間違いありません。

肥満の解消は病気のリスクを避けることにもなります。肥満になると、糖尿病、皮膚病、便秘や下痢、脂肪肝など、多くの病気の原因となってしまいます。そのため、肥満のワンちゃん、ネコちゃんにとってダイエットは人と同じ様に必要なことですが、人がダイエットする時と大きく異なる点は、ワンちゃん、ネコちゃんだけで解決できないことです。「肥満かも?」と思われたら、まずは次のことを順番にチェックして、無理なく進めてください。

理想体重を確認して正しい目標を立てましょう

動物病院にいる犬と猫

まずは理想体重を知るところからはじめましょう。ワンちゃん、ネコちゃんの理想的な体型をチェックする方法として「ボディコンディションスコア(BCS)」があります。BCSは体脂肪率や見た目の体型から1~5(やせすぎ~太りすぎ)のランク分けで現在の体型をチェックするツールです。

ただし、様々な犬種や猫種があるため、獣医師やブリーダーでないとBCSから現状を正確に把握することは難しいです。まずは、お近くの動物病院で体重測定を行い、獣医師に相談の上、ダイエットが必要か、ダイエットが必要と判断された場合、ダイエット計画を立てて臨みましょう。

毎日の食事について

食事をしている犬と猫

ダイエットの中心は食事管理です。1日に必要なカロリーは、ワンちゃんで体重1kgあたり50~150kcal、ネコちゃんで体重1kgあたり30~40kcalとされています。具体的な必要カロリーは動物病院で計算してもらいましょう。

実際に与える食事は、カロリーを抑えつつ、必要な栄養素をバランスよく摂取できるダイエット用のフードがオススメです。ダイエットフードへの切り替えが難しい場合はいつもと同じフードを与えると思いますが、1日に与える回数を増やして、トータルで1日に必要なカロリーとなる量を与えるようにしてください。

※犬用ダイエットフード一覧

※猫用ダイエットフード一覧

また、フードを入れるお皿にも、食べ過ぎや早食い防止の機能がついたものがありますので、決まった量を与えるのが難しい飼い主様は、これらの商品も試してみてください。

※早食い防止機能のついたフード皿

毎日のおやつについて

食事をしている犬と猫

1日に必要なカロリーは、おやつも含まれます。おやつを与えている場合は、必ず必要なカロリーに含めて食事管理をしてください。おやつのために食事の量を減らしたり、急におやつを無くすことができない場合、ダイエット用の低カロリーのおやつに切り替えるとよいと思います。

※犬用おやつ(ダイエット用)一覧

運動について

公園で遊ぶ犬、おもちゃで遊ぶ猫

食事だけで健康的なダイエットはできません。適度な運動を行うことで筋肉量が増え基礎代謝も上がりますので、正しく管理された食事がさらに効果的になります。ダイエット期間の運動として、次のことを是非実践してみてください。

ワンちゃんの場合

ワンちゃんの場合、1日1回は散歩をすると思います。これも大切な運動の一環ですので、ダイエット期間は距離を延ばしてみるとよいです。普段は散歩をしない場合、外出時の公園や広場、室内でボール遊びを行うとよいです。

ネコちゃんの場合

ネコちゃんの場合、飼い主様と散歩をしないので、ねこじゃらしを使って1日2~3分遊ぶようにしたり、キャットタワーを設置して留守の場合でも運動する場所を設けるとよいです。

ダイエットで気になること

最後に、ダイエット中やダイエットが終わった後にチェックしたい内容をまとめました。

体重が減らない場合

はじめは順調でも途中から体重が減らなくなったり、逆に体重が増加してしまった場合、何らかの体の変化があったり、はじめの食事管理が適切でないことが考えられます。動物病院で獣医師に相談し、食事管理を見直してみてください。また、飼い主様の知らないところでおやつを与えたりするなど、余計なカロリー摂取をしている可能性もあるので、ご家族全員が協力してダイエットに臨んでください。

ダイエットの終了について

肥満度にもよりますが、ダイエットは一朝一夕で終わることはありません。ダイエットをはじめて最低でも半年間は続けて様子を見てあげてください。また、目標にした体重に到達した後もリバウンドを防止するため、ダイエット中に体重が減少しなかった期間の一日の摂取カロリーを目安として、新たに体重を維持するための食事管理に切り替えてあげてください。

お問い合せ ワンちゃん、ネコちゃんのダイエットは、飼い主様とペットがともに強い意志をもって臨まないと成功はありません。過度の肥満は病気の原因になりますので、理想的な体重を維持することは健康的な毎日を過ごす上でとても重要なことであると理解し、少しでも興味を持っていただけると幸いです。また、このページで紹介したこと以外でご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

送料無料